鬱状態とはどんな感じかチェックしよう【鬱病について知る】

健やかな日々を送れていますか?
ウーマン

色々なタイプがある

鬱病といっても実は一種類だけではありません。ですから、鬱病と診断された場合自分がどのタイプなのか把握しておいたほうがいいでしょう。ここでは、タイプ別に症状を紹介しているのでチェックしてみてください。

View Detail

葉っぱ

簡易的なチェック方法

「鬱病かもしれない、けど病院に行く勇気がでない…」となったら病院へ行く前に自分で行なえるチェックを行なってみてはどうでしょうか?簡易抑うつ症状尺度(QIDS-J)で簡単にチェックできます。

View Detail

カウンセリング

気を使い過ぎてはだめ

よく「鬱病の人とどのように接すればいいかわからない」と悩む方がいらっしゃいます。確かに、接し方を間違えれば症状を悪化させてしまう可能性があるからです。そういった方にどのように接すればいいか紹介します。事前にチェックしておけば、安心して一緒に過ごせるでしょう。

View Detail

ドクター

少しの変化も見逃さない

鬱病という病気は、気がついたら悪化した状態で治療が長引いてしまう可能性が高いものです。そのため、「鬱病かな?」と思ったら一度セルフチェックを行なうことをおすすめします。

View Detail

悩む人

診察の流れを知ろう

自分で行なったセルフチェックなどで鬱病の疑いが出たら、病院へ行って治療を受けることになります。初めての方はわからないことが沢山あると思うので、診察の流れを紹介します。

View Detail

病気をまず知ることが大事

メンズ

ストレスが原因

鬱病がどんなきっかけで発症するのかご存知ですか?ある程度この病気について知っている方は、「ストレス」と答えるでしょう。しかし、ストレスといってもさまざまなストレスによって鬱病が発生します。どのようなストレスがあるのかといえば、心理的ストレス、身体・生理的ストレス、物理的ストレス、科学的ストレスという四つの種類があります。これらのストレスの中でも圧倒的に鬱病が発症するきっかけとなるのは「心理的ストレス」です。このストレスは、人間関係や職場関係などの人との関係が上手くいかなくてストレスを感じてしまって鬱病へと変わっていきます。ですから、ストレスは蓄積せずに発散することが大事なのです。

鬱病とは?

ストレスが原因で発症する鬱病は、慢性的に気分が憂鬱になり何事に対しても興味がない、やる気がでない状態が長期間にわたって起こる病気です。
ほとんどの方は、鬱状態になる前に平常心を取り戻して通常通りの生活に戻ることができます。しかし、ストレスを一定以上に強く感じたり、蓄積している時間が長かったりすると自身の力で治すことができなくなります。そうなると鬱病は発症してしまって、治療を行わないといけない状態になります。

現代病のひとつ

鬱病は、今現代病のひとつだと言われています。成人した一般の方だと10人に1人か2人が鬱病を発症している可能性があるというほど一般的な病気になりつつあります。しかし、鬱病になっても病院へ行かず放置してしまう方が圧倒的に多くて、気が付いた時には症状がだいぶ進行していることが多いとされています。症状が悪化してしまうと、希死念慮が生まれてしまうので自殺未遂を起こしたり、最悪の場合だと死に至ってしまったりすることだってあります。こういったことが懸念されているので鬱病は早期発見と早期治療が大切なのです。

自分でチェックする

最近は、鬱病かもしれないとなった時にチェックする方法があります。それは、精神科医による監修が入った鬱病のセルフチェックです。事前にこういったもので確認しておけば、鬱病の早期発見ができるので、最近おかしいと思い始めたら一度チェックを試してみてはどうでしょうか。