鬱状態とはどんな感じかチェックしよう【鬱病について知る】

男の人

色々なタイプがある

ウーマン

色々なタイプがある

鬱病は、さまざまなタイプがある病気です。そのため、鬱病といってもどのタイプなのか把握する必要があります。ここでは、どういった鬱病の種類があるのか紹介します。

大うつ病性障害

これは、鬱病の中でも発症する確率が最も多いタイプです。症状は、抑うつ状態や興味がなくなる、喜べない状態になるといったことが基本的な症状です。抑うつ状態とは、空虚な気分や不快感などのマイナスな感情が表れる状態のことを指します。興味や喜びの喪失は、今まで興味を持って楽しんでいた趣味に対して好奇心などが無くなったり、異性に対する興味がなくなったりします。これらの症状が朝から日中にかけて起こることが多く2週間以上続くとされています。他にも、強い劣等感や罪責感などを感じてしまいます。最終的には、死にたいという希死念慮が生まれてしまうので要注意な症状です。体的な症状は、睡眠障害や頭痛、倦怠感、痺れ、食欲不振などが起こります。

双極性障害

これは、鬱病の中でも気が付きにくいタイプです。その理由は、鬱状態とそう状態が繰り返されるからです。鬱状態は、落ち込んでいる感じになり、人や物事に対しての興味が無くなるので分かりやすいでしょう。しかし、そう状態は元気な状態になるので一見「元気がいいな」とか「何か良いことあったのかな」っていう感じの印象になります。そのため、最初のうちは分かりにくいのです。しかし、そう状態となったら何でもできると思ってしまう思考が出てきてしまうので危険です。例えば、本人が「空を飛べるかもしれない」と思ったら本当にそれを実行します。それに、鬱状態とそう状態が混合している場合、自殺願望が強くなって自殺未遂を起こす可能性が高くなります。最近様子がおかしいなと思ったら、病院へ行って普段の生活を医師に伝えるようにしましょう。

まだまだある鬱病

上記で紹介した鬱病以外にもまだまだあります。どれも特徴や症状が異なるので、自分がどのタイプなのかチェックすることは大事です。また、自分でチェックしても実は違うタイプの鬱病だったという場合もあります。セルフチェックすることも大事ですが、病院にしっかりとチェックした結果を伝えて本当はどのタイプなのか診断してもらうようにしましょう。