鬱状態とはどんな感じかチェックしよう【鬱病について知る】

男の人

気を使い過ぎてはだめ

カウンセリング

どのように接するか

鬱病が発症した方がいると、周りにいる方たちはどう接すればいいかと悩むでしょう。確かに、鬱病の方と接する時は注意しないと症状を悪化させてしまうことがあるからです。よく鬱病の方に応援の言葉や励ましの言葉をかけようとする方がいます。しかし、鬱病の方にとってこれらの言葉はプレッシャーになりますし、マイナス思考の考えを持ってしまってより心を閉ざそうとします。では、どのようにして接すればいいか悩むでしょう。それは、鬱病だからと気を使わずに相手の話を聞いてあげることです。

話を聞いてあげる

鬱病の方は、主にストレスによって発症します。ストレスが溜まったきっかけは、人間関係だったり、仕事関係だったり色々とあります。しかし、どのストレスも発散することがないことが原因で鬱病を発症してしまっているので、ストレスを発散できるように話をすることが大事です。そのため、鬱病の方の周りにいる方達は本人が話しだすまで特に何もする必要がありません。ちょっとした話しやすいきっかけを作ってあげたり、沢山の人がいる場所ではなく鬱病の方の部屋などで話ができるようにしたりしましょう。そうすることで、鬱病の方も徐々に話してくれるようになります。ただ注意すべきことが一点あります。鬱病の方が話しだしても、様子をチェックしましょう。様子をチェックしていて、少しおかしい、マイナスなことばかりを発している状態だと希死念慮が生まれやすくなるからです。そうなると、鬱病の方が一人になった時に自殺しようと考えやすくなります。そのため、チェックしていて死に関することを言い始めたり、行動が明らかにおかしくなってきたりしたら、いったん話をやめさせて落ち着かせるようにしてあげてください。しかし、無理に話をやめさせてはいけません。徐々に様子をチェックしながら、話を違う方向へ持っていけるようにすることが大切です。難しいと思うかもしれませんが、その時の流れでどのように接したらいいか考えることが一番の良い接し方になります。もし、接し方がわからないのなら病院の医師に相談するのもおすすめです。どのように接したらいいか自分なりに調べることで、鬱病の方と上手く付き合っていけるようになるでしょう。