鬱状態とはどんな感じかチェックしよう【鬱病について知る】

男の人

診察の流れを知ろう

悩む人

病院へ行く前に

鬱病かも知れないと思ったらセルフチェックを行ないます。そして、チェックの結果によってはすぐに病院へ行き治療を受けたほうがいいと診断が出ることもあるでしょう。そうなったら、早めに治療を受ける必要があります。しかし、初めて心療内科などの病院へ行くとなったら誰でもどうすればいいかと悩むでしょう。確かに、他の病院に比べると心療内科などは異色だと感じてしまうからです。ですが、同じ医療施設なので基本的に他の病院と同じ感覚で訪れて大丈夫です。ただし、他の病院と異なるのは予約しないといけない可能性があります。どうして予約制なのかといえば、鬱病などの精神疾患を抱えている方は出来る限り人と会うのを避けたいと思うからです。そのため、病院が配慮して予約制にしていることが多くなっています。

当日の診察の流れ

鬱病を診てもらうために病院へ行った時は、まず医師と話すことになります。医師には、セルフチェックのことも含めて、どういった感じの症状が起こっているのか、最近のことなどを話します。問診表にも記入しますが、医師には直接話したほうが伝わりやすくなります。そして、医師の判断によって処方する薬を決めて今後の治療計画の説明を行なってくれます。医師の診断が終わったら、次はカウンセリングです。カウンセリングは、医師とはまた違った感じで治療を進めていくことになります。カウンセリングで行なうことは、主に話すことがメインになります。カウンセラーと話すことで、何が原因で鬱病が発症したのか改めてチェックし、それを改善できるようにしてくれます。